わかったこと

自立援助ホームをなぜ土田の里が行うのでしょうか。岡山市にはほかに1か所自立援助ホームがあります、また倉敷市にも1か所あります。いずれもNPO法人こどもシェルターももが経営しているところですが私たち土田の里は、岡山市内で女子を対象とした自立援助ホームを運営しています。土田の里はなんらかの障害を背負ったかたたちが利用する事業所を岡山市内と総社市に持っています。いずれも社会的弱者と言われてもいい方たちが利用されている事業所です。ということは障がい者だけが社会的弱者ではないはずです。土田の里は、子供たちのための事業所が中心です。就労継続支援事業所や生活介護事業所もありますがこれらの事業所は跡切れのない連続した支援をしたいという希望から生まれました。ソレイユは、一見独立しているように見えますが、社会的弱者という観点からみれば同じ視線で子供たちを見ることができるのです。思い上がりの表現かもしれませんが、様々な形で支援を必要としているお子様がここに現実におられるということを見つめなおした結果、自立援助ホームソレイユが生まれたのです。皆様のご理解をお願いいたします。