土田の里を設立し9回目の夏休みが始まりました、

私たちは地域に根ざした、安心で心の休まる事業所を目指してきました。この3年間ほど新しい事業所をいくつか開設しましたが、これも利用される方たちの成長と同一歩調をとったからにほかありません。就労支援事業所も生活介護事業所も利用されるお子様の成長とともに開設したことは間違いありません。自立援助ホームは私たちが、児童のための事業所として発足したことによる想いから誕生させたものです。これら、複数の事業を行うことにより、社会的な責任を果たしご家族の方、利用される方たちの安心で心癒される場所作りをしようということが今の土田の里の大きな目標となっています。今後も利用される方たちのまた、ご家族の方たちの想いを、私たち土田の里の願いとして仕事をしていきたいと思っております。