2010.6.25 避難訓練

土田の里では、毎月1回避難訓練を行っています。今日の火元は、台所です。訓練とはいえ、もちろん実際さながらの緊張感を持って取り組んでいます。今日は、今までと違う点がありました。火元を発見したのは、高校1年生の男の子です。スタッフと一緒に「みなさん!火事ですよ!!」との大きな声!!避難経路になっているデッキと、大きなドア窓のある部屋に分かれて、一時避難をしました。その中で、高校2年生の男の子が小学生の男の子の手を引き、一緒に逃げてくれたんです!!こういった緊急事態の時って、自分が逃げることに必死になりがちだと思います。そういった時に、自然と手が出る姿…きっとその子にとっては、当たり前の事なのかもしれません。でも、私たちはその姿を見て、大切なことを感じることができました(^_^)