2010年4月15日 今朝、東北大学の斎藤教授から電話がありました

チーズ製造のことで今日の朝、東北大学農学部教授斎藤先生より電話での助言がありました。今後作るチーズの種類は、話の結果ミニタイプのゴーダチーズがよいとの意見をいただきました。クリームタイプのものを考えてメーカーに見積もっていたのですが、保存性のよいもののほうが本来のチーズであり、非熟成型のチーズは日持ちの悪さと流通のことを考えれば、熟成タイプのチーズがやはりよいだろうとの話になりました。その結果ゴーダチーズを製造することとしました。