2009年12月26日仙台より土田の里にお客様が来られました

今日、東北大学農学部大学院教授、斎藤忠夫教授がホテルオークラであった牛乳、栄養セミナーの講演会の帰りに土田の里に立ち寄ってくれました。斎藤先生は元東北福祉大学講師で私(藤田)の先生です。斎藤先生は、日本における、機能性ヨーグルトの研究の第1人者で忙しい毎日を送られています。私の直接の先生は、東北大学名誉教授、中西武雄先生で、先生からは福祉ならぬチーズの製造を習いました。斎藤先生は中西先生のお弟子さんというわけで、私もその末席に連ねさせてもらっています。個人的ですが、翌日は二人で牛窓へ行き、オリーブ園の下で有名な山本牧場のジェラードを食べてきました。1時間ばかり山本牧場の山本さんと牛乳の話をしました。私も元乳業マンで義父が酪農家、山本さんとも20数年の知り合いで話に花が咲きました。さて土田の里は、地域活動支援センターでの作業の中にチーズの製造、販売を計画しており、今チーズバット購入のための助成金申請をしています。これが購入できれば夢の実現といきます。機能性ヨーグルト研究の第1人者斎藤先生に来ていただけたのもありがたいことです。若いころ余り授業に熱心でなかった私ですが若いころ夢見たチーズ製造が夢でなく少しだけ近づいた気がします。来年は、利用者の方たちと作った土田の里チーズの実現といきたいものです。よろしくお願いします。(藤田)